【INVE-50】バッカナル | BACCHANAL

INVE-50酒井潤のソロ・ユニットバッカナルは描く景色は“日常”であり、それは時代性を超越し、そして血族の流れに沿う土着性に由来し、奇跡的に合わさった普遍性を放つ。現代のフォークロア・ミュージックはこんなにも素晴らしい。

このニューアルバムでは独りで12弦ギターをかき鳴らしながら小ぶりのキック・ドラムとハイ・ハットをうち鳴らす、バッカナルの演奏スタイルが非常にダイレクトな質感で刻みこまれている。ライブでは観る者を圧倒するそのスタイルと酒井が持つ天性のメロディ・センス、立体的なコンポーズ能力をフル発揮し、日本民謡もオルタナティヴ・ミュージックも渾然一体にしてしまった。Tr-4などはその代表格となる曲で、世代も時代も越える力を感じさせてくれる。そしてTr-2、Tr-3などアシッド・フォークなぐるぐるサイケ感を感じさせるナンバーもあれば、Tr-7のようにハッと胸を打つようなメロディもあり、そしてどれも共通するのは原始的というか根源的な疾走感だ。

ひとりの男が到達して通過して広がった。風景は無限である。
この音源は、聴く者の見える風景の意味を変えてくれる作品である。

※ジャケットイラストは漫画家の福島聡氏によるものです。
(その経緯などはこちらのブログにて紹介されております)

ご購入はこちらまで

 
お求めください。

 

名称: バッカナル『BACCHANAL』
番号: INVE-50
媒体:
cd-true×1枚
TRACK: 1. おわら麦や節(富山県民謡)
2. チューイングガム
3. レイコ
4. 朽飯機織り節
5. どん底
6. なにものでもない
7. スーパーバイク
8. 目をさませ(口をあけてねる2012)

ミイテハラスモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA